【2021年】初心者ブロガーがGoogleアドセンスの審査に2回目で合格しました

グーグル ブログ
スポンサーリンク

ブログを始めて数記事でGoogleアドセンスに申請してみたけど、審査に落ちた。

100記事が合格の目安と聞いたけど本当なの?

一度審査に落ちてもう一度申請しようと思うけど、不安なので対策法を知りたい。


私も一度Googleアドセンスの審査に落ちましたが、2回目の審査で無事に合格することができました。

今回の記事で記事数が少なく合格できるか不安な方や、一度審査に落ちて再度申請する方に少しでも有益な情報を与えることができればと思います。

✔︎本記事の内容

・合格に必要な記事数は?

・Googleアドセンスに申請するとき、他社のアフィリエイトリンクは削除するべき?

・審査の結果はどのくらいでわかるの?

・一度審査に落ちてからどんな対策をした?具体的な対策法を紹介します


スポンサーリンク

審査合格時のブログの状態

まずはブログの運用情報やGoogleアドセンスの審査に不合格だった時、合格した時それぞれの記事数を紹介します。

ブログの運用情報

・ブログはWordPressで運用

・テーマ  Cocoon

・サーバー mixhost

これは、合格時に特に変えた点はありません。

アドセンスに合格するためには独自ドメインの取得が必須なので、まだの方は必ずドメイン登録をしてから審査に臨みましょう。

独自ドメインの取得はこちらから


アドセンス申請時の記事数

1度目(不合格時)

記事数 24記事

不合格理由:不十分なコンテンツ

2度目(合格時)

記事数 21記事

このように記事数は決して多くありませんが、無事合格することができました!


また、これを見て

あれ、一度目の審査の時よりも記事数減ってない?

と思った方もいるかもしれません。


後ほど詳しく書いていきますが、過去に書いた記事の見直しをして、内容の薄いものは削除したため記事数が減っています。

このことから、審査に合格するためには記事数よりも1記事ごとの内容の濃さが重要であることがわかります。


補足:審査時にはアフィリエイトリンクの削除をするべき?

アドセンスの審査対策の記事を読んだことがある方は、申請時にはA8.netもしもアフィリエイトなどの他社のアフィリエイトリンクは削除しておいた方がいいと聞いたことがあるかもしれません。

私も1度目の申請時は全ての記事からアフィリエイトリンクを削除していましたが、2度目はアフィリエイトリンクを貼ったまま申請しました。

結果何事もなく合格できたので、アフィリエイトリンクの有無は審査の結果にあまり関係ないように感じました。


スポンサーリンク

アドセンスの申請から審査結果がわかるまでの期間は?

Googleアドセンスによると、審査期間は以下のように明記されてあります。

通常、審査は数日で終了しますが、2~4 週間かかる場合もあります。

引用:Google Adsense ヘルプ より

私の場合、申請から約3日後に合格のメールが来ました。

1度目は申請後、約1週間に不合格のメールが来たので合格時は割とスムーズに連絡が来ました。


スポンサーリンク

Googleアドセンスに合格するための対策法

check

では1度目の審査が不合格後、どんな対策をしたのか具体的に挙げていきます。

カテゴリー数の見直し

まずはカテゴリー数の見直しです。

当初の私のブログは1つのカテゴリに特化したものではなく、雑記ブログのような形式でした。

もちろん雑記ブログでもアドセンスに合格することは可能ですが、少しでも合格の可能性を上げるためにいくつもあったカテゴリを整理し、今後特化していけそうなカテゴリーのみを残しました。

結果的にカテゴリー数を9→4に減らしました。


内容の薄い記事は修正もしくは削除した

過去に書いた記事を読み返して、内容が薄いものやクオリティーの低いものは削除もしくは修正をしました。

アドセンスに合格するには、まずはグーグルの理念を知ることが一番の近道です。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

引用:Googleが掲げる10の真実

このことから、Googleはユーザーの利便性を第一に考えていることがわかります。

ユーザーの利便性を第一に考えている=記事を読むユーザー視点に立った内容が書けているかどうかは大変重要なポイントです。


ブログを始めたての頃に書いた記事は、文章が支離滅裂であったり結局何を伝えたいのかわからない内容になっているケースが多いです。

一度読み手側に立って、

・この記事で伝えたいことは伝わるのか?

・ユーザーの悩みを解決することができるのか?

こんな視点に立って読み直してみることをオススメします。


実体験に基づいた内容を記事に盛り込んだ

では、これまでの内容からGoogleはユーザーの利便性を第一に考えているということがわかったと思います。

これに加えて、記事に自分にしか書けない独自性があるかどうかも大事なポイントです。

他にも多数のサイトがすでに存在しているため、ユーザーの関心を引き付け、詳しく知りたいと思ってもらえるような、関連性の高い独自のオリジナル コンテンツを掲載しましょう。

引用:Google Adsense ヘルプ より

このことから、グーグルは記事の独自性も審査の重要なポイントと考えていることがわかります。


審査に不合格だった時は紹介したいものをただ羅列していくだけの記事を書いていましたが、これを独自性のあるものに変えていきました。

具体的には

・自分がその商品を購入し、レビューする

・実際に足を運んで体験をしてみる

・自分自身が経験したことを交えて記事にする

などです。

このように自分の持っている知識や情報、体験が記事の独自性につながり、アドセンスの合格への一歩になります。

これは、アドセンスの審査だけでなくブログのアクセス数を増やすことにも繋がってくる重要なポイントです。


読みやすいブログになるように意識した

Googleアドセンスの審査では記事の内容はもちろんですが、サイトのレイアウトが魅力的かどうか、読みやすく整理されているのかも重要なポイントです。

では、具体的に実践した方法を紹介します。


画像や表を入れる

記事に画像や表を入れるだけで、読みやすいコンテンツになります。

ただ文字を羅列するだけでは、読み手側も途中で読むのが嫌になり、離脱してしまう可能性が高くなります。

アイキャッチ画像はもちろんのこと、h2などの見出しの下に画像を入れたり、数値を説明する場合は表を入れたりと読みやすくわかりやすい記事を心がけましょう。

画像を入れるときは、著作権フリーの画像を利用するようにしてくださいね。

サイドバーのウィジェットを変更した

ブログのサイドバーのウィジェットをプロフィール、関連記事、人気記事のみ表示するように設定しました。

元々はデフォルトのまま放置していたため、記事の投稿日、関連記事やカテゴリーなど項目が多く全体的に見づらい印象でした。

必要な情報のみにすることで、ブログ全体がスッキリと読みやすくなった上、訪れた人が関連記事や人気記事をクリックしてくれる機会が増えました。


まとめ:これだけは押さえておこう

最後に改めて大事なポイントをまとめました。

✔︎Googleアドセンス合格の重要ポイント

記事数よりも、1つ1つの記事の内容の濃さ

悩みや疑問を解決できるユーザー側の視点に立った記事作り

他にはない独自性のある記事になっているか

サイトの利便性を高め、読みやすく整理されているか


私も一度目の審査で落ちた時、不合格の理由が「不十分なコンテンツ」のみだったため、どう対策すればいいかわからずとても困りました。

しかし、このポイントさえしっかり押さえていればアドセンスに合格できる可能性はグッと高まると思います。

今申請をしようとしている方やこれからアドセンスの導入を考えている方、皆様が無事に合格できることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました